保険探偵ホームズ

小説

第1章3話|保険探偵ホームズ〜100%推理を外さない名探偵〜

<<前へ 目次 警察の調査開始から2時間以上が経つ。そろそろ気持ち的にも疲れてきた。荒林さん、長池室長、私はそれぞれ事情聴取を受けたが、犯行時刻の前後に3人でいたこ...
小説

第1章2話|保険探偵ホームズ〜100%推理を外さない名探偵〜

<<前へ 目次 次へ>> 私の名前は長池 正和。生家は埼玉は草加市。正和という名前は正義心と平和の心を忘れるなという警察の父親の想いから付けられた。 ジーエ...
小説

第1章1話|保険探偵ホームズ〜100%推理を外さない名探偵〜

<<前へ 目次 次へ>> 「救急車と警察を呼べ!」 叫んだのはまたしても荒林さんだった。私は慌ててしまったが、そこは長池室長が迅速に対応していた。そばにいた警備...
小説

プロローグ|保険探偵ホームズ〜100%推理を外さない名探偵〜

目次 次へ>> ▼プロローグ 創業50年、不動産大手のジーエムカンパニー。不動産のことなら建築から賃貸、売買物件の紹介はもちろん、業務用システムまでなんでも運営する東証一部上場企業だ。 そして...
小説

【目次】保険探偵ホームズ〜100%推理を外さない名探偵〜

保険探偵ホームズ〜100%推理を外さない名探偵〜 「くそう…心配だ…まだ何かあるはずだ…」 この言葉は不動産大手のジーエムカンパニーに務める、情報審査室室長長池の口癖だ。座右の銘は「石橋を叩いて渡れ」。保険をかけすぎるくらいにか...
タイトルとURLをコピーしました