邦画トップクラスの演出、脚本に感動の「シンゴジラ」

映画

シンゴジラ公式HP

先日、パートナーに熱心に薦められたためヱヴァンゲリヲン新劇場版「」と「」を見た。それがきっかけで、同作の監督、庵野秀明監督の実写作品である「シンゴジラ」を見た。もちろんアマゾンプライムビデオ会員なら無料だった。

たしか、シンゴジラは「君の名は。」と同時期に上映されていて、興味はあった。府中のくるるでTOHOシネマズに足を運んだときにも、君の名は。とシンゴジラどちらを見るか悩んだくらいだ。

しかし、ゴジラ興味ねえし、長くて重そう。

という印象からシブったことと、君の名は。が思いの外面白くて2度見してしまったことで、そのシーズン中にシンゴジラの放映は終了していた。

しかし、エヴァが面白かったこと、そして庵野監督が主演声優を務めた宮崎駿作品の「風立ちぬ」を見たこと、ジブリにハマりすぎて庵野監督がナウシカ・ラピュタの巨神兵のキャラデザを担当していたことなどを知ったことがきっかけとなり、ついに見ることにした。

原子力爆弾を模した怪獣の作品を見たのは、奇しくも3.11の前日、2019年3月10日だった。

 

シンゴジラを見るときには、ぜひ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」を見てほしい。エヴァンゲリオンとシンゴジラ、同じ作品だから。エヴァ見た人は間違いなく2倍楽しめる。

まず、音楽。

ダン、ダン、ダン、ダン、ダンダン
ダン、ダン、ダン、ダン、ダンダン

戦闘シーンの冒頭で必ずかかるこの曲、エヴァの曲だ! となる。

同監督だからといって、同じ曲ってあり? と思いつつ、SFな世界観、焦燥感を見事に表現してたBGMの使用はテンションが上がる。

そして、政治に対する風刺、国家防衛に立ち上がる愛国心を持つ青年の苦悩、「人間と核と国家運営」を考えさせるGODZILLA(ゴジラ)、流暢なルー大柴英語と英語を巧みに操る石原さとみなど、ストーリー、演出ともに見所がたくさんある。

邦画は、ストーリーはいいが演出、表現がチープだから海外映画の方が面白いなあ。日本にはジブリ率いるアニメしか世界に誇れる表現がないのか、、と思っていたら、庵野監督やってくれた! (と個人的に思った)

演出力だけでなく、役者陣の見事な演技も加わり映画としての完成度高い。感動しました。

 

個人的には、国家運営を主軸にした作品だから仕方がないけど、復興のためとはいえゴジラに立ち向かう青年たちに一蓮托生、国家と心中を頼むシーンは特攻隊を彷彿とさせるようで共感はできなかったが、映画自体としては品質がとても高く面白い作品であった。(全体主義はよくない、という表現は必要だったように思うが、難しいことは考えてないだろう)

ともかく、平成の名作でないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました