稼ぐために記事を書くのってつまらない

日記

ブロガーになろうと思ったものの1週間後、体調を崩した。

3月末に扁桃腺炎を発症して、2020/04/21の現在まで体調不良が続いているのだから体力のない自分には無理は禁物だということを改めて実感させられた…

そしてブロガーになることは諦めて、サイト作りやアフィリエイトに尽力しようと思うのだが、どうにも手が進まない。

平日の日中は仕事をしているから…というのはもちろん理由としてあるが、なにより面白くない。理由はいろいろあるが、そのうちの一つがものを書く目的だろう。

ものを書くというのは、情報伝達手段の一つ。口頭で話したり、最近では動画配信などいろいろな手段があるが、テキストでオンラインを通じて情報を伝達するのが、私にとって一番しっくりくる手段だった。

しかし、金を稼ぎたい・儲けたいという思いで記事を書くと「伝える」ことよりも「稼ぐ」ことに目が向いてしまって、一つの記事を書くのが面倒。

仕事柄、記事などのコンテンツ制作は基本的に予算を使って外注することも多かったため、自分でその作業をするのに抵抗が出てきてしまったのだ。

 

ライターとして仕事をするよりももっと前には、純粋な気持ちで誰かに情報を届ける、役に立つことに真剣になっていたのに…

収益観点ではなく純粋な気持ちで記事を書いていた学生時代の自分に対して、少し憧れのような気持ちを抱いてしまった。

プロのライターとして物を書く仕事に辟易として、リタイヤした自分にとっては自由に、伝えたいことだけ書くということに憧れが強いのかもしれない。

これからはブロガーとしてではなく、一個人として届けたいもの、伝えたいものだけを書いていきたいと思う。

(こういう記事多いな)

コメント

タイトルとURLをコピーしました