Googleマップのスクショは規約で禁止。代わりにOpenStreetMapを使おう #街のこと

Webディレクターの仕事

ブログでマップを使いたいと思ったことがある人は、Google Mapを使おう! と思う人が多いと思う。しかし、実はGoogle Mapはスクリーンショットでの利用は禁止されているらしいので、商業目的のブログやサイト運営では極力やめた方がいい。

そういう人の味方がOpenStreetMapだ。

OpenStreetMapとは「みんなで作る自由なフリー地図」

OpenStreetMapより)

OpenStreetMapは地図のフリー素材サイト。Wikipediaのように自由に編集して民主化された地図のデータベースだ。

このサイトの特徴は、Wikipediaのように普通の人々が地図を編集できること。そして地図を利用するのはクレジットの記載さえしていれば誰でも自由に行えるということだ。

私は仕事柄、街や地図を利用した記事を使うことが多かったのだが、最初は無知でGoogle Mapのスクショを利用していた。だが、それはGoogle Mapの提供するAPIの権利を侵害するという考えからスクショの禁止をしているG-Mapの規約を破っていたのだ。

そして知ったのがこのサイト。地図の正確性は若干怪しいこともあるが、おおよその範囲で正確性は担保されている。地図を利用した記事を更新したいという人はぜひ使ってみてほしい。

 

ライセンス書いておけばOK
https://www.openstreetmap.org/#map=16/35.6504/139.7012

コメント

タイトルとURLをコピーしました