横浜市の住みやすさ。治安の不安度や犯罪率、特徴をまとめました!

街の話

横浜市に住みたいと思っているけど、どこに住んだら安心? 治安も心配…と思っていませんか?

今回は横浜市の治安について、実際に住んでいる人の声や治安情報を紹介しながら、理解できる材料をご提供したいと思います。

今回はまず横浜市の概要や特徴、治安情報をざっくりとご紹介した上で、横浜市の区に関する治安や特徴を紹介していきます。

横浜市に住む前に知っておきたい概要と特徴

まずは横浜市の概要、特徴についてご紹介します。「横浜」について知っている人はもちろん多いと思いますが、その中にどういう人が住んでいるのか? どれくらいの人口なのか? 犯罪率はどの程度なのか? などについてはご存知ない方も多いと思います。

ここでは横浜市の行政区、面積、人口、犯罪率についてご紹介します。

治安は市内の区によっても違う。区の種類

横浜市は昭和2年に4つの区からなる区制を開始しました。その後更に区が分かれて現在では18の区が存在しています。

区の一部を紹介すると、例えば鶴見や港北、港南、金沢、青葉や戸塚など、他の地域であれば一つの市として成立するほどの面積、規模の区が多く存在しています。

横浜市に住むときには、どこの区に住むかを意識する必要があります。その区やエリアごとに治安や住みやすさは大きく異なりますし、利用する沿線・駅も変わってきます。

横浜市の広さと人口分布も知っておこう

少し本論とはそれますが「神奈川=横浜市」と考えている人も多いのをご存知ですか? それも実は一つの事実の裏付けがあります。神奈川県全体の人口は900万人ですが、横浜市の人口はその40%以上である約373万人。

人口の多さは港北区、青葉区、戸塚区、鶴見区などの人気の区に多く、4区で100万人以上の数になります。世帯数も160万世帯ですが、その数は年々増加しており、横浜市の人気が伺えます。

横浜市全体の犯罪率は?

横浜市全体の犯罪率は、神奈川県全体と比較するとやや高い傾向にはあります。人口の割合が高いため犯罪率は高くなる傾向はあるものの、中区、港北区、鶴見区、西区、瀬谷区などは比較的上位にランクインしやすい傾向もあります。

犯罪発生率とは刑法犯認知件数を基準にすることが多いです。刑法犯は殺人や強盗、窃盗などの犯罪を示していて、この基準は人口100人あたりの発生率として表されます。

横浜市での犯罪率が高くなるのは、人口の多さや他地方からの人の流入の多さも原因として考えられます。一般的に都市域は犯罪率が高くなる傾向はあると言えるので、あとは細かい事情を見た上で判断するといいでしょう。

横浜市の治安はいいの? 悪いの? 横浜市の治安チェックポイント

横浜市の概要や特徴、犯罪発生率などについて紹介しましたが、実際の治安はいいのか、悪いのか判断がつきにくいですよね。そこで、横浜市の実際の治安の良し悪しを測る指標として横浜市の特徴や口コミを具体的に紹介していきます。

①ファミリー世帯が多い・お店も充実

横浜市にはファミリー世帯は多く、家族向けの商業施設やエンタメ施設も充実しています。人口推計では、一人暮らしの世帯も多いものの、夫婦世帯や子供連れ世帯も多いです。

②工場も多い

横浜市の中には工場も多いという特徴があります。磯子区、金沢区、神奈川区、鶴見区、緑区などに工場があります。工場があると治安が悪くなるという因果関係は証明されていませんが、工場などの働き口が多い都市であれば、様々な人が働くことによって犯罪率が高くなることもあるようです。

③行政的な視点

行政サポートも手厚い特徴があります。横浜市自体は日本全体で人口減少や転出の増加が叫ばれている中で、人口の増加をしている数少ない人気地域でもあります。

そのため、近年では母親支援や転入支援など、様々な行政サポートを行なっているようです。前述の治安チェックポイントを加味しても、安心のサポートがあるからという理由で移住する人もいるようですね。

④地方出身者も多く多様性がある

工場の話でも例として紹介しましたが、やはり神奈川県の政令指定都市だけあって、働き口は多く、毎日の朝の電車ラッシュは凄まじいもの。それだけに地方出身者をはじめ、多くの人々が移住や通勤通学をしているため、多様性がある地域といえるでしょう。

⑤住みやすさの口コミは悪くない

不安に感じるような要素が散見されると思っているかもしれませんが、実は横浜市の中も色々な多様性のある区で構成されています。

繁華街として有名な横浜駅の西口は西区になりますが、そのあたりと戸塚区や青葉区の雰囲気は全然違います。

実際に引越した人もそれほどネガティブなコメントをする人も多くないので、住みやすさには定評のある地域と言えるでしょう。

横浜市に住みたい人は、事前に訪問してみよう

横浜市の治安や住みやすさについて紹介してきましたが、不安は解消できましたか?

実際に住む時にはどの区に住むか、どういう雰囲気なのか。街灯はあるか? お部屋の防犯設備は充実しているか? 警察署や交番は近くにあるのか? など、お部屋の設備や住環境にも気を配ることで、安心して過ごすことができるでしょう。

街の話
oryouryをフォローする
運営者
この記事を書いた人
oryoury

サラリーマンねこです。 映画、アニメ、ジブリ、オードリー、日向坂、街、暮らしなどについて書いています。

oryouryをフォローする
すむみん

コメント

タイトルとURLをコピーしました