不動産探しやお部屋探しを効果的・効率的に行うためにおすすめの5つのアプリ

不動産屋

こんにちは。

私は普段不動産ポータルサイトを運営する会社にて、Webディレクターという、サイトをつくる仕事をしています。

日常会話でも業務の会話でも、どこに住むのがいいかやおすすめの沿線はあるかなどをよくしているのですが、今回はその中で出た「不動産探しやお部屋探しを効果的・効率的に行うためのおすすめアプリ」をご紹介します。

1.街の雰囲気を知るのにおすすめ。Googleストリートビュー

まず最初に紹介するのは、Googleストリートビューのアプリ。これまではWebで見る人が多かったのではないかと思いますが、Googleのストリートビューもアプリで見れるのです。

全てのスポットを見ることができるわけではありませんが、街を探すときに実際の風景や雰囲気を見るためには、おすすめのアプリだと思います。

・Googleストリートビューのアプリ情報

iOS版:Googleストリートビュー

Android版:Googleストリートビュー

2.PARKLFUL(パークフル)でいい公園のある街を探そう

iOS版:「PARKFUL」

次に紹介するのは、PARKFULという、公園を探すことができるアプリです。公園が多い街は家族はもちろん、単身でも過ごしやすいイメージがありますよね。

特に、大きな公園があれば週末に家族で過ごす場所としてはもちろん、友達とワイワイバーベキューできるなんてこともよくあります。

「公園」を軸に街を探すヒントにしてはいかがでしょう。

ちなみに、個人的には葛西臨海公園が好きです。

・PARKFULのアプリ情報

iOS版:「PARKFUL」

Android版:なし

3.エイブルAGENT(エイブルエージェント)でお得なお部屋を見つけよう

次に紹介するのは、「街が見つからない」「不動産探しをしたいけど時間がない」という人のためのアプリです。

LINEやメール、アプリで不動産会社のチャットスタッフとやり取りすることができ、自分の変わりに物件を探してくれるというアプリです。

自分が知らないお得な物件を探してくれます。

・エイブルAGENTのアプリ情報

iOS版:「エイブルAGENT

Android版:「エイブルAGENT

4.乗換NAVITIMEで穴場路線を見つけよう

乗換NAVITIMEがおすすめなのは、最近リリースされた路線図の使い勝手がいいから。

不動産探しというと、多くの方が「まず物件を探す」という行動を取りがちですが、実はまずは「路線図からアクセスがいい地域を見つける」ことをした方が、何倍もお得な物件選びができるのです。

地域によって同じ間取りでも家賃が下がったり、お部屋が広くなったりというのは、よくあること。不動産探しに慣れている私の会社の人たちも、沿線選びがとてもうまい人が多く、驚くのですが、彼ら彼女らはよく路線図を見ているんです。

・乗換NAVITIMEのアプリ情報

iOS版:「乗換NAVITIME

Android版:「乗換NAVITIME

5.Google mapで街の雰囲気・情報を調べよう

最後に、一番おすすめなのはGoogle mapでの街選びです。

Google mapは最近、地域のビジネスに関する情報を集めるために力を入れています。例えば、お店の口コミや地域のスポットに関する口コミ、治安の良し悪しなども、その街の施設に関する口コミからわかります。

さらに、人気のスポットにはピンが立てられているため、地域の新参者でも、なんとなく地域の人気どころがわかるようになっているのです。

アノマチでもご紹介した、赤坂のしろたえもGoogle mapでピンが立てられていました。

・Google mapのアプリ情報

iOS版:「Google map

Android版:「Google map

以上で、不動産やお部屋探しにおすすめのアプリ紹介は終わります。意外なアプリを中心に紹介したつもりでしたがいかがでしたか?

「不動産会社の目」として、今回おすすめしたアプリが不動産探し、お部屋探しに役立つことを祈ります!

それでは。

不動産屋
oryouryをフォローする
運営者
この記事を書いた人
oryoury

サラリーマンねこです。 映画、アニメ、ジブリ、オードリー、日向坂、街、暮らしなどについて書いています。

oryouryをフォローする
すむみん

コメント

タイトルとURLをコピーしました